先日(5/28)、福岡女学院大学にて那珂川北中学校の小林先生が授業を行いました。
教職コースを選択している学生たちに「教師論」と題して、中学校の現場の生々しい体験や、教師になった動機などをお話しされました。
生徒に対する指導法など、授業ではなかなか触れられないこともあり、学生たちは熱心に授業を聞いていました。

この授業は、学校経営構想の中にも記載している、中学校と大学の連携として定期的に行われているものであり、また那珂川北中学校の学校運営にも評議員として名を連ねている福岡女学院大学の伊藤教授との連携でもあり、定期的に行われているものです。

北中ブロックをサポートしている高校