1日に引き続き、8月4日(木)に職員研修が行われました。

当初は、「通常学級における特別支援教育」と題して那珂川市特別支援教育センターのセンター長からご講話いただく予定でしたが、急遽来校が中止になったため、代わりに本校特別支援教育コーディネーター中島由起が行いました。

「特別支援教育における学ぶ場の提供と必要な支援・指導~通常学級、通級指導教室、特別支援学級、特別支援学校~」と題して、1特別支援教育における学ぶ場、2WISC検査について、3福岡県教育課程実施状況調査、4最後に で行いました。その後に、センターが薦める「筑紫地区特別支援教育セミナー(動画配信研修)」の紹介を行い、質疑応答に移りました。

職員の感想の一部を紹介します。「特別支援教育について、まだまだ学ぶべきことがあると再確認しました。」「それぞれの学ぶ場の障がい種について、知ることができました。」「スクリーニングを行う本校の取り組みは、生徒理解や支援につなげる上で非常によいと思います。」「那珂川北中学校の校内体制がしっかりしていることが再確認できました。」

これからも職員一丸となって、他の教育活動とともに特別支援教育を推進していく確認ができました。

 

 

北中ブロックをサポートしている高校