突然ですが皆さん!ご家庭でお湯を沸かすとき、何を使っていますか?

北島先生の研究授業は、家電屋さんの店員になって、2種類の電気ポットと電気ケトルの、計3つの選択肢から、自分のオススメを決める授業でした。単価で言えば電気ケトルが一番安いですが、沸かせる水の量や沸くのにかかる時間、保温機能、電気料金など、何のためにお湯を沸かすのかで、一番いい方法が変わります。生徒たちは、それぞれの道具の長所と短所を、電流の授業で習った電力や熱量の知識を元に考え、お客さんにの事情にあった選択肢を、理由付きで説明していました。

多くの生徒は、単価や電気料金が安くすみ、素早く沸かせる電気ケトルをオススメしていました。沸かせる量が少なく、保温機能もないという短所は、今回のお客さんでは気にしなくていいようです。今回とは違う条件のお客さんだったら、別の道具をオススメしたかもしれませんね!

北中ブロックをサポートしている高校