こんにちは。全国制覇を目指している野球部です。子どもたちは毎日寒さに負けずに一生懸命に練習に打ち込んでいます。体力トレーニングが多くてきついと思いますが、その練習に真面目に取り組む姿はたいしたものだと感心しています。バッティングやキャッチボール等の技術的なことも随分上手になってきたと思います。なんだか、打てそうな雰囲気になってきました。2月からは、いよいよ守備や走塁練習を行っていきます。ところで、先日、雨天時に室内で練習した時に、1年生対2年生でドッヂボールをさせました。大人しい部員が多いときには、「闘志」を奮い立たせるためによくやるのですが、2年生は1年生に負けてはじめて「悔しい」という言葉を何度も口にしていました。やっと、負けた「悔しさ」を感じてくれたかと嬉しくなりました。勝負事は「悔しさ」を感じるところからがスタート。どんな練習をしても、その練習に魂を込めないとホントの練習、ホントの強さにはなりません。その魂とは、負けたときの「悔しさ」は二度と味わいたくないという「執念」です。今回、「悔しさ」を味わったことで、きっと練習にも今まで以上に打ち込んでくれることでしょう。今後も、ドッヂボール第2弾、第3弾を行って、部員の「闘志」を奮い立たせたいと思います。もしかしたら、4月から「ドッヂボール部」と部名を変更するかもしれません。

 

北中ブロックをサポートしている高校