11月25日(火)お昼の校内放送で、マナー向上委員会「ノーメディアDAY」取組の結果について、マナー向上委員長の糸山君から以下のような報告がありました。

先週金曜日に実施した、後期中間考査に向けた「ノーメディアDayアンケート」の結果を報告します。「試験3日前からノーメディアDayの取り組みを守れましたか?」と言う質問に対し、「とても・だいたい」と答えた人は、1年生が67.7%、2年生が60.3%、3年生は71.4%でした。11月2日の学力診断テスト後の結果と比べると、どの学年も約20%上昇(1年生は21.1%増、2年生は21.4%増、3年生は18.2%増)しています。「なぜ守れたか」という質問に対しては、「宿題や勉強をしたあとにゲームなどをすると、今さっきやった勉強が頭に入らなくなるから、守ることができた」「前回はスマホを少し使ってしまい、決まりを守れなかった自分が恥ずかしかったから、今回は絶対にしない、という強い意思をもって勉強していた」「進路のことを考え、今は勉強が大事だと実感したから」などの回答があり、自分自身の強い意志を持って テスト勉強に臨んだ人が 多くいたことがわかりました。

次のテストはしばらく先になりますが、「那北スマホ5箇条」は、テスト前だけでなく、いつも守るべき大切なルールです。内容を確認すると、「1.スマホは夜10時まで」「2.使用時間は1時間以内」「3.他人の悪口は書き込まない」「4.情報をむやみに流さない」「5.ルールの設定・トラブルが起きたら大人に相談」です。スマホ使用のマナーやルールを守り、勉強や部活動など、今やるべきことに一生懸命に取り組んでいきましょう。

北中ブロックをサポートしている高校