新年度スタートしました

1年生5名の新入部員を迎え、気持ちを新たにスタートしました。
目標は「チームで県大会出場」です。これまで以上に1球1球を大切に、そして、どうやって1点を取るかをよく考えながら、練習に取り組んでいきたいと思います。苦しい場面でも、お互いに声をかけ合い、次にどうするべきかを考えて行動することで、ピンチを乗り越えていける強いチームになれるよう頑張ります。

朝倉近圏ソフトテニス大会【4月22日】

県内各地から19校、37チームが参加し、A・Bチームに分かれてリーグ・トーナメント方式で実施しました。那北からも2チーム参加しました。
Aチーム 予選:対 甘木中②-1、対 苅田中1-2、1勝1敗で2位となり、1・2位トーナメントに入りました。1回戦で玄洋中と対戦し、残念ながら0-2で敗退となりました。
Bチーム 予選:対 高田中B1-2、対 姪浜1-2、2敗して3位となり、3位トーナメントに入りました。1回戦で三輪中Bと対戦し、②-1で勝ち、決勝戦へと進みました。決勝戦は新津中Bと対戦し、1-2で負け、準優勝となりました。
福岡県の優勝常連校を含め、県内の強豪校も多く参加する大会で、1stサーブやチャンスボールの決定率の高さ、ポジション取りなど、見るだけでも勉強になる試合ばかりでした。

大野城カップ【4月23日】

筑前地区を中心に県内から15チームが参加し、リーグ・トーナメント方式で実施されました。
予選:対 花畑中1-2、対 粕屋東1-2、2敗して3位でトーナメントに入りました。トーナメント1回戦で元岡中と対戦し、1-2で負け、敗退となりました。
競る場面もありながら、あと1点が取れずに流れをつかめないまま負けてしまう試合が多くありました。また、チャンスボールの決定率の低さも課題です。今大会には、筑前地区優勝常連の新宮中学校が出場していました。元岡中学校と新宮中学校の決勝は、今の那北との大きな差を感じる、レベルの高い試合でした。中体連まで残された時間は限られていますが、この差を1つ1つ埋めていけるように頑張っていきたいと思います。

北中ブロックをサポートしている高校