本日(12/7)、精華女子短期大学の阪田直美先生をお迎えして、「食育(お弁当作り)講演会」を行いました。12日(土)の「北風走」の日が「自作弁当の日」になっており、生徒達は自分たちの力でお弁当作りにチャレンジすることになっています。その自作弁当の日にあたり、中学生期の適切な食についてや自分で弁当をつくることの意義、そして実際の弁当作りについて、ご講話いただき生徒達の弁当作りへの意欲を高めるために開催しました。

阪田先生からは、生徒の毎日の食生活を振り返り、1日の食事摂取基準を三回の食事のなかでバランス良くとること、バランスのよい食事の例などを示して頂きました。また、運動を支えるには糖質からのエネルギーやビタミンが大切なこと、軽めにエネルギーを補給して勉強にのぞむと効率がアップすることなどを教えて頂きました。また、実際のお弁当作りのポイントもお話しして頂き、『主食・主菜・副菜のバランスの目安は3:1:2』『黄・赤・緑があると彩りがきれいになる』『料理が動かないようにしっかりつめる』など学ぶことができました。

いよいよ12日(土)の北風走が近づいてきました。北風走へ向けて走り込むと同時に、本日の食育(お弁当作り)講演会で学んだことを生かした自作弁当づくりを通して、自分の食について考えるきっかけにしてほしいと思います。

北中ブロックをサポートしている高校