10月2日(土)、博多の森陸上競技場にて、筑前地区新人陸上競技大会が行われました。緊急事態宣言の影響で、2週間前からしか部活動ができないという、調整の難しい大会でした。また、新チームになって初の試合でもあり、今までの感覚を取り戻しながらの試合で、どの学校も、なかなかいい記録のでない選手の多い試合でした。真の強さが試される試合であったように思います。上位5位までが10月16日(土)の福岡県大会に出場します。
男子  奥 才起  100MH 優勝  16秒57 那珂川北記録タイ
400M  2位  57秒85 那珂川北記録

今回は、男子1人の2種目が福岡県大会出場を決めました。奥君は新チームキャプテンとして高い意識を持って試合に臨み、どちらも自己ベストを更新しました。福岡県大会では先輩が達成できなかった8位以内の入賞を目指して頑張ります。その他の選手は、男子走り幅跳びで、1年生の黒木君が4M40の自己ベスト、女子1年生800Mで岸本さんが自己ベストを更新しました。女子1500Mでは、2年生の能登さんが先頭集団につこうと粘りの走りをしましたが、惜しくも9位でした。練習不足で、思ったような記録を出せずに悔しい思いをした選手が多く、今後の課題としてまた練習に励みます。応援宜しくお願いします。

北中ブロックをサポートしている高校