7月21日(水)3時間目、山本先生の技術科授業研究が行われました。対象クラスは3年3組で、表計算ソフトウェアの関数を使って効率よくデータを処理することが本時のゴールです。まずは、毎時間取り組んでいるタイピングの練習に取り組みました。生徒の皆さんは、タイピングの点数を少しでもアップさせようと真剣な表情で取り組んでいました。本時のゴールを確認した後、表計算ソフトの関数の基本的な機能や操作方法について先生からの説明を聞きました。その後、実際の表計算の課題に取り組んで、うまくデータ処理をできるようになっていきました。

北中ブロックをサポートしている高校