7月20日(火)3時間目、平田先生の家庭科授業研究が行われました。対象クラスは2時間続きで2年2組でした。また、本時のゴールは、脳の機能を高める食品(健脳食)を知り、パソコンを使って献立をつくることです。まずは、具体的な健脳食について知り、班で意見交流しながら、健脳食を意識した朝食の献立を作成していきました。その後は、班で作成した献立表を発表し、さらに学級全体で交流していきました。コロナ禍で校内では調理実習ができないため、今回作成した献立表をもとに夏休み中に家庭で調理に取り組んでもらい、レポートにまとめることになるそうです。頑張ってください。

北中ブロックをサポートしている高校