7月15日(木)、5・6時間目に出前学校説明会を実施しました。

各教室では換気を行い、アルコールも設置し、全員マスクを着用した状態でコロナウィルス感染防止に努めた状態で実施しています。

出前学校説明会には、東福岡高等学校、九州産業大学付属九州高等学校、九州産業大学付属九州産業高等学校、純真高等学校、博多高等学校、博多女子高等学校、福岡大学附属若葉高等学校、福岡大学附属大濠高等学校、福岡第一高等学校・第一薬科大学付属高等学校、福岡海星女子学院高等学校、筑陽学園高等学校、筑紫台高等学校、福岡女子商業高等学校の計13校にお越しいただきました。

写真は各学校の発表の様子を掲載しています。

今回の出前学校説明会での生徒の感想を全文ではありませんが、一部生徒の内容をご紹介します。

「今日の説明を聞いて、とても高校が楽しみになりました。勉強を頑張ろうという気持ちになれました。」

「今回の説明で中学三年生になった自覚がわきました。今日は本当にありがとうございました。」

「自分は未だに夢がはっきりと決まっておらず、道もはっきりと定まっていませんでした。今回を機に将来について少しずつ真剣に考え、自分の道を決めていきたいです。」

「今日の話を聞けたことで、不安だった高校選びや勉強が、楽しみな高校選びや勉強へと変わりました。また機会があれば高校の先生方とお話しをしたいです。」

「今回の出前学校説明会で聞いたことをもとに、親と話したり、オープンスクールなどに行ったりして進路を確実にしたいです。」

このように生徒の意欲も非常に高まった有意義な取組となりました。

今後も生徒たちの意欲を喚起できるようにしていきたいと思います。

北中ブロックをサポートしている高校