4月20日(火)、部活動発足会を開催しました。まず全体会が行われ、その後部活動毎に分かれて実施しました。全体会では校長先生からは、新一年生の皆さんがたくさん部活動に入部してくれたことへのお礼をはじめ、①部活動を通して、自分自身の弱さやいい加減さを克服して成長してほしいということ、②先生方も勤務時間外でも一生懸命に指導するので、感謝して頑張ってほしいということ、③先生から叱られることは期待されている証であり、落ち込まないようにしてほしいということ、などの話がありました。

特に、最近の生徒は叱られることに慣れしていないので、部活動で叱られて自分はダメだと落ち込んだり、人格を否定されたと感じたり、厳しい言葉の裏にある励ましのメッセージが伝わっていなかったりする場合も多々あります。保護者の皆様も、部活動のことでお子さんが落ち込んでいたり悩んでいたりしたときには、部活動顧問と連携してフォローしていただければ幸いです。また、運動部は体力的にもきついので、食事や睡眠等にも十分気を配らせ、時間を管理することの大切さを身に付けさせて下さい。

当面の間、部活動に加入した1年生には「新入生合同練習」を実施し、昇降口前で基本的な礼儀やトレーニングを合同で行った後、各部活動の練習に参加することになります。また、体育会が終了する頃までは中学校生活に慣れることを優先し、1年生の朝練への参加はなし、土・日・祭日の練習や試合等についても基本的に休みとします(ただし、人数が極端に少ない部活動もあるので顧問の指示に従って下さい)。

北中ブロックをサポートしている高校