2月10日(水)、英語科加峯先生の授業研究を行いました。対象の学級は、2年1組です。Today`s Goalは、「lesson8の内容を、自分の英語で説明できるようになろう」です。これは「リテリング」と呼ばれるもので、教科書の英文を音読した後、生徒同士でペアを組み、その英文の内容を教科書を見ずに自分の言葉(英語)で相手に伝える練習です。まずは、ペアでスモールトークを行いました。バレンタインが近づいていることにちなんで、「Do you like chocolate?」の質問から生徒同志が会話していきました。次に、教科書lesson8の内容を学級全体や個人で何度も音読していきました。その後、教科書を見ずに、挿絵のみを使って教科書の内容を相手に英語で伝えていきました。ゲーム的な要素も取り入れていて、生徒の皆さんは多少の言い間違いなど気にせず、楽しそうに教科書の内容を相手に伝えていました。最後に、このリテリングの活動を通して学んだことを、英文にしてまとめていきました。本校の英語科では、教師の説明をできるだけ省き、英語活動に時間を割く「5ラウンド制」という手法を導入しており、生徒たちが物怖じせず英語を話したり聞き取ったりできるようになっています。

 

 

 

北中ブロックをサポートしている高校