朝夕めっきり冷え込むようになりました。こころとからだの調子はいかがでしょうか?
気候が不安定な時季には、心身の調子が崩れやすくなります。早寝早起きをして生活リズムを整えることで、疲れがたまらないように気をつけて生活していけるといいですね。
カウンセリングでは皆さんのこころの疲れをゆっくりとほぐし、元気を回復するお手伝いをします。こころが少し軽くなったら、今までよりも頑張れることや楽しいと感じることが増えていくかも知れません。

心理学豆知識 ~原因論と目的論~

皆さんは、物事が上手くいかない時、「もし家がもっと裕福だったならば」「もしもっと時間があったならば」「もしもっと自分の頭が良かったならば」と考えてしまうことはありませんか?
「もし~ならば」とは、自分が何かを達成できない原因を他の要因に押しつける責任転嫁にきわめて便利な論法です。これらはいずれも、「Aが起こっている原因はBにある」とする『原因論(または決定論)』と呼ばれる考え方です。
しかし、『原因論』では問題の解説の一つにはなりますが、問題の解決にはつながりません。
この『原因論』に対し、心理学者のアドラーは「人がとる行動は、その人が持つ目標や目的に従った結果である」とする『目的論』という考え方を提唱しています。

「もし塾に行っていれば、良い成績が取れたのに」という時を考えてみましょう。『目的論』として捉えた場合、この人の成績がふるわないのは塾に行っていないせいではないのです。良い成績を取る自信がないために、塾に行っていないからと言い訳をし、「良い成績を取るために十分に勉強をすることを回避する」のが目的なのでしょう。また、一生懸命に勉強しても思うような成績がとれなかった時に、周囲から責められたり自分が傷ついたりすることが怖くて、勉強することを避けているのかもしれませんね。

物事が上手くいかないと感じる時、その原因ばかりを考えて思い悩むのではなく、「物事が上手くいかないのは、誤った目標(問題から回避する)のせいではないか」と捉えなおしてみませんか?
そして、「自分はどうなりたいのか、どうしたいのか」という目標・目的・解決像を明確にし、いかに行動するかを大切にしていけたらいいですね。

  • カウンセラー勤務日時:
    火曜日、8時15分~17時
  • 場所:
    昇降口右手のスクールカウンセラー室
  • 予約方法:担任の先生や教頭先生まで申し込んでください。

スクールカウンセラーだより