北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合におけるJアラートの情報伝達 並びに 那珂川北中学校の対応について

この案内は、内閣官房国民保護ポータルサイトを基に、那珂川北中学校で作成しました。

保護者の皆様へ

那珂川町立那珂川北中学校
校長 山田晋平

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合、日本政府はJアラートを使用し、緊急情報を伝達します。Jアラートを使用すると、市町村の防災行政無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・ 緊急速報メールが配信されます。なお、Jアラートによる情報伝達は、国民保護に係る警報のサイレン音を使用し、弾道ミサイルに注意が必要な地域の方に、幅広く行います。

その際、那珂川北中学校では、以下のとおりの対応を考えていますので、家庭でもご承知おきください。

【登校前】

○ 臨時休校になる場合もあるので、自宅待機とする。

【登校中・下校中】

1.自宅近くの場合は、急いで自宅に戻り、室内に避難する。
2.学校近くの場合は、急いで校舎に入り、室内に避難する。

【学校】

1.状況に応じて、教師の指示に従い、勝手な行動をとらない。
2.急いで校舎に入り、窓から離れる。

【続報で安全が確認された場合】

※ ミサイルが、日本上空を通過した場合・領海外の海域に落下した場合に、その旨を続報として知らせられた時
○ 続報で安全が確認された場合は、通常通りの授業とする。


那珂川北中学校 Jアラートに対する対応について